2015年6月17日(水) | by sakai コメントする

6月6-7日、京都産業大学からの留学生を招いて2015年度最初の留学生ツアーを実施しました(舞鶴野原-舞鶴与保呂小学校)。香港中文大学からの留学生を中心に、中国、ドイツ、フィンランド、イギリス、イタリア、アメリカから21名の留学生、引率のニュージーランド出身のC.Paulさん、京都府友好大使のマレーシア出身のヒュー・ズズーシンさん(京都大学大学院)、京都府国際課から原田副課長などが参加していただきました。今回のツアーは漁村体験と言うことで、舞鶴野原の漁港で干物作り体験、かまぼこ作り体験、海鮮バーベキュー、を楽しみました。

ひもの作り体験

ひもの作り体験

魚を開く作業、もちろん初めてです。地元のお母さん達に親切に教えて頂き、なんとか魚を開くことが出来ました。塩を振り、乾燥機へ、完成したキスとトビウオの干物はお土産です。 その後、海鮮バーベキューでサザエや魚、お肉などのおいしいバーベキューをいただきました。 午後は舞鶴かまぼこ工房でかまぼこを作りました。かまぼこの他、ちくわ、てんぷら(さつまあげ)も形よく作り大変おいしい練り物が出来ました。少し試食したあとはこれもお土産です。

かまぼこ作り体験

かまぼこ作り体験

夕方野原に帰り、集落を散策しました。この日はとても夕日がきれいでした。

 

野原の夕日

野原の夕日

DSC_0585野原の民宿に宿泊し、カラオケなど楽しい夜を過ごしました。

翌日は、何人かの元気のいい人達は釣を試みましたが、残念ながら釣果はゼロ。

その後、舞鶴市立与保呂小学校を訪問し、150名の小学生と楽しい交流をしました。

与保呂小学校

与保呂小学校

DSC_0588

各学年の教室では、ゲームやお話など楽しく交流できました。 お昼は給食を一緒にいただき。小学校を後にしました。子供達、先生達、そして地域の皆さんと有意義な交流が出来ました。

その後、綾部に行き、温泉体験をして、京都へと帰りました。

コメントをどうぞ