2011年8月15日(月) | by sugai コメントする

大変お待たせいたしました!

6月19日に行いました、第2回北近畿みらい総会&シンポジウムの様子をお伝えいたします。

~総会編~

◇新理事に太田伸吾さん

  新理事として太田伸吾さん(㈱CAMEL

  豊岡市)が加わり、「北近畿みらいの

  一員として頑張りたい」と就任挨拶を

  されました。

H22年度の活動報告

  ―地域資源の収集、人財との出会い

  H22年度は人財交流イベント、機関紙の発行(10/21、1/1、3/1の3回)、

  ホームページの開設(3月)、地域おこしを行う人の取材、地域資源の収集などを

  行いました。

  今年度は158名の会員を獲得し、キーパーソンをネットワークするという所期の目的は

  達成できたものと考えております。

  今後、今回築いたネットワークを活かし、地域資源の発掘とその商品化を急ぎたいと

  考えています。

H23年度の事業計画―ツーリズムカタログの制作

  ■北近畿体験ツーリズムカタログの制作

  北近畿内で提供されている農林漁業、工芸体験を掲載するカタログを作成し、

  着地滞在型ツアープランの資料として、地元密着型旅行代理店に配布します。

  平成23年度は、㈱JTB西日本様と提携し、大丹波版(※)を作成します。

    ※「大丹波観光素材発掘PR業務」

      京都府中丹広域振興局の委託を受けた事業で、㈱JTB西日本様と提携し、

      今年度は丹波市、篠山市、福知山市、綾部市、京丹波町、南丹市、亀岡市の6市1町の

      「大丹波地域」の観光素材カタログを作成します。

 

みなさまの地域の“おすすめ観光資源”を教えてください!

 

~シンポジウム編~に続く。

コメントをどうぞ