2012年4月18日(水) | by sugai コメントする

平成24年4月16日(月) 読売新聞 掲載

大学連携機構設立

※記事より抜粋

府と府北部の7市町、大学などが、一般社団法人「府北部地域・大学連携機構」を設立する。

5月13日に福知山市の成美大で設立記念シンポジウムを開く。

 

府北部は、過疎高齢化や産業空洞化、雇用減少などの課題を抱え、府南部に比べて大学の立地も少ない。

そこで、「大学のまち・京都」の強みを府北部の活性化につなげようと、関係機関が連携を強めることにした。

 

参加するのは、自治体が、府のほか、舞鶴、京丹後など、福知山、綾部以北の7市町。

大学は同機構の事務局となる成美大、京都大、府立大、立命館大など8大学。

NPOも「北近畿みらい」や「里山ねっと・あやべ」など4団体が参画する。

 

今後は、大学などと連携し、府北部の活性化事業や、地域活動にかかわる人材の育成などに取り組む。

設立記念シンポジウムは午後1時から。(以下省略)

コメントをどうぞ