2014年3月30日(日) | by sakai コメントする

2014年北近畿みらい塾「花とパワースポット」の第1回講演会が去る3月29日(土)亀岡の出雲大神宮で開催されました。

暖かい春の気配が漂い、鶯のさえずりも聞こえる亀岡の出雲大神宮に70名以上の出席者を迎え、岩田昌憲宮司による「言霊(ことだま)の大切さ」の講演をお聞きしました。当日は天候にも恵まれ、膨らんだ桜の芽は、あと1週間もすると満開になるとのことでした。出雲大神宮の来歴、年中の行事や言霊の大切さについて約90分講演していただきました。その後、正式参拝し、広い境内の「みかげの滝」「磐座(いわくら)」などを岩田宮司の丁寧なお話とともに見学させていただきました。境内の深遠なな雰囲気の中で多くのパワーをいただきました。

出雲大神宮塾長市長宮司

四方八洲男塾長の挨拶の後、栗山亀岡市長の歓迎の挨拶をいただきました。

コメントをどうぞ