2020年7月01日(水) | by sakai NPO法人北近畿みらい 2020年度定期総会 はコメントを受け付けていません。

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、社会生活や活動に大きな変化を余儀なくされているところです。NPO法人北近畿みらいでも例年の活動が全くできず、まさに開店休業の状態です。みらい塾は今のところ10月頃から開催できるのではないかと準備を進めていますが、留学生ツアーについてはどこの大学も留学生の来日が困難であることから今年度の開催はほぼ断念せざるを得ないと考えています。

さて、2020年6月27日(土)、本年度の「特定非営利活動法人北近畿みらい」定期総会をあやべ温泉(綾部市睦寄町)にて開催しまし、61名(委任状30名を含む)の参加をいただきました。特に議題はなく、前年度の活動報告、収支報告、収支監査報告の承認をいただきました。続いて本年度の活動予定と、活動予算も承認いただきましたが、今年度は新型コロナウイルスの感染状況に大きく左右されることが予想され予定通りの活動ができるか心配されます。

当日は総会に引き続き、講演会を開催しました。

講演会のプログラムは

1、新型コロナウイルスって?  酒井正春(北海道大名誉教授)

2、コロナ後の町づくりについて 山崎善也(綾部市長)

市長自らのお話が聞けるとあって綾部のみならず近隣の市議なども駆け付けていただき、大いに盛り上がりました。

 

定款に基づき昨年度の収支報告、「貸借対照表」を以下に掲載します。

今年度もNPO法人北近畿みらいの活動にご理解、ご協力をよろしくお願いします。

2019貸借対照

この記事へのコメントは受け付けていません。